img010.jpg

FXで稼ぐ為の適正なレバレッジとは?

ちなみに、最近では、FXのレバレッジ(てこの応用)が300倍、中には、400倍というとんでもなく高いレバレッジを勧めている情報起業家とかFX業者がおりますが、300倍と言いますと、35〜40万円の資金で、約1億円、つまり100万ドルという多額の外貨を運用できてしまうということになります。
 
レバレッジを、300倍とか400倍までにしてFXを展開しては、確実に利益を得るために絶対に欠かすことのできないリスクコントロールができるはずもありません。
 
 
仮に、40万円の元手で、レバレッジ300倍で、100万ドルの運用をしたと考えみましょう。
 
FX取引の場合、元金に対して30%(FX業者によって異なります)の含み損が発生した時点で、含み損と同額となる預託金(追加証拠金)を入金するか、もしくは追加証拠金が入金ができなければ、その場で、ロスカット(マイナス決済)をせざるを得なくなります。
 
40万円の30%ということは、含み損が12万円になった時点で、追加証拠金を入れるかロスカットの選択をせざるを得なくなりますが、40万円の300倍で100万ドル運用のケースですと、為替レートがわずか12銭だけ円高になってしまったら、その時点で実質12万円の含み損となって、追加証拠金を入金できなければ、ロスカットをせざるを得なくなって損失が確定してしまうんです。
 
12銭の円高になることは、一日に何度もあることですので、それでは、資産を殖やすためではなくて、資産を減らすためにFX取引を行なうようなものです。
 
言い方を変えますと、地雷がたくさん埋まった平原に、無防備の状態で飛び出して行くようなものです。
 
こうしてブログを訪れてくださったあなたには、そのような無謀な行為は絶対にして欲しくはありません。
 
 
確かに、高いレバレッジの運用でも、一時的には勝てることはあります。
 
ですが、勝率100%は夢のまた夢となりますし、いつの日か必ず痛い思いをすることになりますので、高すぎるレバレッジでFXを展開してはならないんです。
 
FXで資産を殖やすために大切なことは、万全なリスクコントロールの元に、決してロスカットなどすることなく、着実に堅実に、それでいて高い利益率を得てお手元の大切な資金を確実に殖やして行くことに尽きます。
 

ちなみに、適正なレバレッジは、15倍〜25倍前後と捉えておいて下さいね。


    FXで稼ぐ方法・・・詳しい続きを読む

  FX稼ぐ
posted by FX稼ぐ | TrackBack(0)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39105027

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。